犬の十戒と捨て犬の十戒

「犬の気持ち(犬の十戒)(Dog’s Ten Commandments)」「捨て犬の十戒」と言われる、作者不明の名文(詩)があります。
現在、犬と共に暮らしている人、今から飼う予定のある人に捧げる詩です。
新しいご家族をお迎えになる前に、ご家族皆様で是非ご一読いただいきたくお願い申し上げます。


《犬の十戒》

私の一生は、10~15年くらいしかありません。

ほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです。

私のことを飼う前にどうかそのことを考えて下さい。

私が「貴方が私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間が必要です。

私を信頼して下さい...

それだけで私は幸せです。

私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。

貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう 。

でも...私には貴方だけしかいないのです。

時には私に話しかけて下さい。

たとえ貴方の言葉そのものはわからなくても、
私に話しかけている貴方の声で 理解しています。

貴方が私のことをどんな風に扱っているのか気づいて下さい。

私は、そのことを決して忘れません。

私を叩く前に思い出して下さい。

私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、
私は、貴方を噛まないようにしているということを。

言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に 私がそうなる原因が
何かないかと貴方自身考えてみて下さい。

適切な食餌をあげなかったのでは?

日中太陽が 照りつけている外に長時間放置していたのかも?

心臓が年をとるにつれて弱っては、いないだろうか?

私が年をとってもどうか世話をして下さい。

貴方も同じように年をとるのです。

最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい。

「見ているのがつらいから」とか「私のいないところで逝かせてあげて」なんて 言わないでほしいのです。

貴方がそばにいてくれるだけで私にはどんな事でも安らかに受け入れられます。

そして...どうか忘れないで下さい。

私が貴方を愛していることを。

 

 

《捨て犬の十戒》

僕を迎えてくれた時の事は決して忘れません。暖かい家族の中で幸せでした。

ご主人様との楽しい思いでは決して忘れません。

ご主人様が望んでいるようには振る舞えなかったかもしれません。

僕はあまり可愛らしくなかったかもしれません。

でも、ご主人様に喜んでもらいたくて、精一杯頑張ったことだけは本当です。

ご主人様がいなくなっても、きっと迎えに来てくれると思って待っています。

側にいられなくなった訳は良くわからないけど…

僕を嫌いになったからじゃないと自分に言い聞かせています。

僕を産んでくれたお母さん、お父さんに、ありがとうって言いたい。

こうして楽しい思い出を宝物にできたのも、命を与えてくれたからです。

生きているから味わえたのです。ありがとう。

今は、たくさんの仲間たちと一緒に暮らしています。でもみんな悲しそうです。

僕もなぜか寂しい、物足りない気持ちでいっぱいです。

多くの仲間達は、連れていかれ二度と顔を見ることもない毎日です。

そのときの悲しそうな目を見たことがありますか。

一部の仲間達は、たまに新しいご主人が連れて帰ります。

ご主人様が迎えに来てくれないなら、僕も新しいご主人様に連れて行かれるかもしれない。優しいご主人様だったら嬉しいけど………

僕にはご主人様を選ぶことはできません。

でも僕を迎えてくれるご主人様が、どこかにいるかもしれない。

もしそうなったら、今度はもっともっと気に入られるように頑張ります。

ご主人様、早く僕を迎えに来てください。

そして今度こそずっとそばに置いてください。それだけが僕の願いです。

ご主人様、これだけは覚えておいてください。

僕だって生きているということを。

心だってちゃんとあるということを。

天に召される最後の時まで、ご主人様に尽くしたいと思っていることを。

 

無店舗型ペットショップパピーラブで飼う3つのメリット

こやのがドッグトレーニングにはまった訳

STOP!捨て犬、パピーミル、陳列販売

パピーラブ 渋谷区初台1 090−8749−1265 info@puppylove.jpn.com