犬の心理

心理

一度する行動で望ましい結果が得られると⇒この行動を学習した為、強化され習慣になっていきます。

日常生活を例にしてみると。

①×例

散歩中知らない人や犬がいるから吠えた→いなくなった⇒成功を学習しますます吠えるように

②×例

ハウスから出して欲しいから吠えた→出してもらえた⇒お願いするときは吠えよう

なので犬にして欲しくないことは犬の望む結果がおきないようにしないといけません。

⇩目指す対応は

①散歩中知らない犬や人がいるから吠える。

吠える前に吠える対象に背を向けおやつを見せながら良く誉めて注意をこちらにむける。おやつを舐めさせてもok

⇒これ以上吠える経験を繰り返させない。

○犬慣れ・・・犬と一緒に居られるように犬なれの練習。攻撃的でない、ボディーランゲージを良く理解した犬と会わせる機会を作る。

○人慣れ・・・犬の行動パターンを理解した上で色々な人からおやつを与えてもらう

②×例ハウスから出して欲しい時は吠えよう

○対応を変える・・・吠えた→無視・部屋から出て行く→落ち着いて静かになる→よくほめおやつをあげる・ハウスから出してあげる

○ハウストレーニングをする・・・急にハウスに長い時間入れずに短い時間から徐々に時間を延ばし失敗を防ぐ

IMG_0163_Fotor